Mochida Atsuko 持田敦子

Mientras mas lejos aumenta la probabilidad de la caída,
aprender de ello también es probable
/
距離、その落下、その痕跡について

back shot of the work, photo by Hiroyuki Hattori

 調査で約3週間、制作で約1ヶ月にわたりキューバに滞在し制作された高さ約6メートルの階段。高い場所になればなるほどステップは細く不安定になる。素材は全てキューバで調達し、現地住民との恊働のもと実現された。
 作業の全ての工程は大きな困難が伴った。キューバのマーケットシステムは基本的に政府に管理されており、モノの自由な売買が困難ななか、各所からスチールパイプや木材をかき集めて制作された。ステップはジョイントの入手が不可能だったため全て溶接により接着されるなど、設計プランをベースにしながらも、その時手に入る素材で即興的に組み上げられた。
 素材の調達だけではなく、英語が通じない現地のワーカーとの言語的なミスコミュニケーション、政治的背景、社会的常識の違いを背景とした働き方のギャップ、普段美術作品を制作しない彼らとのイメージを共有するむずかしさ。その困難の全てが、キューバの現状を象徴し、また私のリアリティと彼らのリアリティの乖離を浮き彫りにした。

back shot of the work, photo by Hiroyuki Hattori

   作品の随所に、手で作られた痕跡をみることができる。それは、デザインとしては意図されていなかった、ある意味バグのようなものだが、作品を非常に魅力的なものにしてくれた。

working

 当初の計画では、美術館の中庭(パティオ)に12mの高さで階段を組む計画だったが、歴史的建造物である美術館の建築へのダメージの懸念から、オープニング2日前に作品設置がキャンセルされ、かわりに美術館の裏庭に建てられることになった。裏庭は壁に囲まれた空間で、足場として使える構造が無かった。ワーカーの安全を確保するための資材の不足により、作品は6mの高さにて完成された。
 「キューバ人の良いところは、決して諦めないことだ」と彼らは笑っていた。

last shot