Mochida Atsuko 持田敦子

Invitation for the site-specific work "THE REVOLVING HOUSE OF T."
「T家の転回」鑑賞希望の方へ

2019 (固定ポスト)



The site-specific work "THE REVOLVING HOUSE OF T." opens to the public for a limited time. To visit this work, please make a reservation beforehand. After the confirmation, you will get the exact address of the site and how to get there.
[ Check the latest information via Facebook. ]

茨城県水戸市の民家を使用したサイトスペシフィック作品「T家の転回」は、期間限定で公開されます。鑑賞をご希望の方は、Facebookページ、もしくは当ウェブサイトにて開催日時について最新情報をご確認下さい。
個別での鑑賞にあたっては事前のご予約をお願いしております。予約方法は上記サイトで順次公開されます。 ご予約が完了した方のみに、作品へのアクセスをお伝えさせていただきます。

【2020年の一般公開日】
5月に一般公開を予定していましたが、コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止とさせていただきました。


【2019年の一般公開日】
日程:5月1日[水・祝]-5月6日[月・祝] 12:00-/ 16:00-
*5月4日の16:00-の回のみ、水戸芸術館で行われるトーク(14:30-)の後、トーク会場から移動し鑑賞とさせていただきます。
また、同日12:00-の回にお申し込み頂き、作品鑑賞後にご自身で水戸芸術館のトークにいらして頂く事も可能です。
作品から水戸芸術館は徒歩20分程です。

作品鑑賞定員:各回5名程度
参加費:無料


【2018年の一般公開日】
水戸芸術館 高校生ウィーク2018
日程:3月24日[土]10:30-12:30
定員:10名
参加費:無料
対象:高校生以上
申し込み方法:高校生ウィーク2018ウェブサイトでご確認下さい
集合場所:直接水戸芸術館展示室内のカフェにお越しください。
     展示室入場には展覧会鑑賞チケットが必要です。
     チケットは当日限り展覧会への再入場ができます。

【Chance to visit the actual REVOLVING HOUSE】
2019
Date: 1-6. May. 2019
Time: 12:00- / 16:00-
max. 5 ppl for each time

2018
Date: 24. Mar. 2018
Time: 10:30am- 12:30am
max. 10 ppl / For high school students or older
Meeting point: Art Tower Mito
>>check details

リボーン・アートフェスティバル2019 関連アーティスト・トーク「古い家と庭」

2019.9.12

出演:持田敦子&小宮麻吏奈&和多利恵津子

「小宮花店」「繁殖する庭」など植物や有機的な素材を用いて不思議なインスタレーション作品を作る小宮麻吏奈(1992年アトランタ生まれ)は網地島で蓬莱の古墳を創る。また、海外での活動も多い持田敦子(1989年東京生まれ)は今回「浮く家」を制作。二人の女性アーティストが挑戦した大掛かりな屋外インスタレーションのコンセプトや体験について話す。

19:00〜21:00
ワタリウム美術館
150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6
Tel:03-3402-3001

【申込方法】
件名「アーティスト・トーク申込」とし、
①参加希望の回
②氏名
③住所
④電話番号
⑤E-mailアドレス
⑥会員番号(会員の方のみ)
⑦ [1]、[3]、[4]に申込の方はリボーンアート・パスポートチケットの有無
をご記入の上、E-mail:watarium3@gmail.comまで送信ください。 併せて、下記の口座へ参加費をお振込ください。

振込先: 三井住友銀行 青山支店 [普] 1033281 [名義]ワタリウム美術館
ご入金確認後、開催日2日前までに、受付票をE-mail:watarium3@gmail.comよりお客様へ返信いたしますので、受信可能なように設定ください。
*ご入金後のお客様のご都合による返金はできません。

問合せ/申込み: watarium3@gmail.com

水戸芸術館 アートセンターをひらく 第Ⅰ期 パブリック・プログラム
「T家の転回」ラウンドトーク

2019.5.4

企画:持田敦子(アーティスト)
ゲスト:
毛利嘉孝(社会学者/東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授)
山川陸(建築家)


14:30~16:00
定員:30名(申込不要・先着順)

Lecture Performance in Bauhaus-Museum Weimar

2019.4.9

IMAGINARY BAUHAUS
MIND PALACES *


"Such a Great Fail"
with Atsuko Mochida
Introduction: Prof. Danica Dakić




photos: Konrad Behr


How can we succeed in countering the musealization of Bauhaus with a radical debate of present or future political, economic and social realities?

MIND PALACES sets up a social-utopian laboratory inside Bauhaus-Museum where in the spirit of Sherlock Holmes a Bauhaus Centenary drug dealer may encounter volunteer lifesaver-activists on refugee boats. Performative formats by the young international artists from the course and discussions by invited guests, i.a. moderated by cultural historian Boris Buden, explore contemporary conflicts, paradoxes and contradictions of a complex society- in an attempt to activate the values and utopias embedded in the Bauhaus idea together with the audience for the present moment.

MIND PALACES is an events series by the MFA program “Public Art and New Artistic Strategies” at the Bauhaus-Universität Weimar, organized by professor Danica Dakić, Anke Hannemann, Ina Weise, Vanessa Brazeau and Jirka Reichmann (coordinator).

Artist Talk by Atsuko Mochida: Who said walls can't move?

2019.1.24

How to realise a massive art project with such a fragile set of hands?
In her artist talk in Das Japanische Haus Atsuko Mochida will present her recent works, such as moving a wall, pearcing a prison and spinning a house, as well as give a brief outlook on her plans in Leipzig, where she currently works as artist in residence at Pilotenküche.

Thursday 24. Jan 2019
Kitchen for all 20:00-
Artist Talk 21:00-
at "Das Japanische Haus"
Eisenbahnstr.113b, 04315 Leipzig

Facebook event page

CAF賞 2018 齋藤精一賞 受賞

2018.9.24

「T家の転回」が、CAF賞 2018にて齋藤精一賞を受賞しました。

Guest speaker to the School of Art, Design and Media, Nanyang Technological University Singapore

2018.10.11

11am-
Talk session on "About Failure (Art and exhibition practices by Japanese artist overseas)" with Dr Michelle Lim in a graduate class in the MA Museum Studies/Curatorial Practices at NTU ADM/CCA, Singapore.

アートアワードトーキョー丸の内 2018 今村有策賞 受賞

2018.9.24

「T家の転回」が、アートアワードトーキョー丸の内 2018にて今村有策賞を受賞しました。

トークイベント:ゴードン・マッタ=クラークと話したいこと
Talk Event: What we want to talk with Gordon Matta-Clark

2018.9.13

1970年代のニューヨークを中心に活動したアーティスト、ゴードン・マッタ゠クラーク(1943-1978)の展覧会が9月17日まで東京国立近代美術館で開催されています。
マッタ゠クラークの活動はアート、建築、ストリートカルチャー、食など多岐にわたることもあり、現在に至るまで鑑賞者の価値観や興味によって多様な捉え方をされてきました。
本トークイベントでは、彼の教唆的とも言える活動が現代にどのような影響を残しているのか、若いアーティストたちによる既存建物への介入によって生まれたオルタナティブ・スペース「mumei」で、アーティストやキュレーターがマッタ゠クラークや自身の作品等について聴衆を交えながら語り合うことからその逆照射を試みます。

日時:
9月13日(木) 18時〜21時

会場:
mumei
〒135-0023 東京都江東区平野3丁目7-14 1F

パネリスト:
SIDE CORE(アーティスト)
持田敦子(アーティスト)
三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員、「ゴードン・マッタ゠クラーク展」担当)
モデレーター:
砂山太一(京都市立芸術大学)

500円ワンドリンク制

企画
町田恵(東京芸術大学美術学部建築科助手)
村田冬実(mumei)
砂山太一(京都市立芸術大学講師)
森純平(東京芸術大学美術学部建築科助教)

Facebookイベントページ
---

Gordon Matta-Clark, an artist who worked in New York in the 1970s. His retrospective exhibition is held at the National Museum of Modern Art, Tokyo until September 17.
His works had been engaged with many activities such as art, architecture, street culture, food and so on, and it have been viewed in various ways depends on the values ​​and interests of the viewers until now.
In this event, we try to see the influence of his incited activities on this modern times through the talk between artists, curators and audiences at the alternative space “mumei” born in a young artists intervention in a building existed from before.

Date and Time
Thursday, September 13, 2018
6:00-9:00PM

Venue
mumei
1F, 3-7-14, Hirano, Koto, Tokyo 135-0023

Speakers
SIDE CORE (Artists)
Atsuko Mochida (Artist)
Kenjin Miwa (Curator, the National Museum of Modern Art, Tokyo)
Moderator
Taichi Sunayama (Lecturer, Kyoto City University of Arts)

Admission free, No reservation required, One drink minimum
Organizer
Kei Machida(Research associate, Tokyo University of the Arts)
Fuyumi Murata (mumei)
Taichi Sunayama (Lecturer, Kyoto City University of Arts)
Junpei Mori(Assistant professor, Tokyo University of the Arts)

Inquiries
machi1813@gmail.com (Kei Machida)

Artist Talk by Atsuko Mochida: Breaking Walls, Turning the House

2018.8.31

The current resident of Instinc: Atsuko Mochida (b. 1989, Japan) will make an artist talk. She will talk about her major site-specificartworks she did in previous years, such as the turning house, prison break, moving walls, etc.

7:00-7:30  Artist presentation
7:30-7:45  Open discussion
7:45-9:00 Small party

Venue
INSTINC SOHO: 12 Eu Tong Sen Street, Soho2 at central #04-163

Facebook event page

「水戸の家」現地説明会

2017.9.16

現在使用されていない民家を芸術作品として再構築するアートプロジェクト「水戸の家」。作品となる民家で公開の説明会を開催します。プロジェクトを主宰する美術作家・持田敦子より、過去の実践の紹介、また本プロジェクトの概要をご説明します。終了後は質疑応答の時間も設けておりますので、ぜひ足をお運び下さい。なお、会場に駐車場はありません。お車でお越しの際は、近隣有料駐車場をご利用ください。

【水戸クリエイティヴウィーク2017​参画プログラム㉓】
美術作家・持田敦子 「水戸の家」現地説明会
日時:2017.9.18(月)・23(土)各16:00~18:00
場所:水戸市元山町(詳細はお問い合わせ下さい)

※野外で行われる部分がありますので、雨天時は雨具等をご用意ください。また会場にトイレはありませんのでご了承ください。
※台風接近により、荒天の場合は中止となる可能性があります。

Facebookイベントページ

ENTRE QUATRO PAREDES

2017. 7. 14-16

concept illustration by Atsuko Mochida


ENTRE QUATRO PAREDES is a collaborative, guerilla performance in which walls transform themselves into rooms using the public spaces of Weimar, Germany.


[scheduled interventions]

Fri, 14 July, 14:00 - 16:00
Marienstraße 14, Bauhaus-Universität Weimar [main building], Wielandplatz, Universitätsbibliothek

Sat, 15 July, 17:30 - 19:30
Locations announced via social media

Find us on social media:
#entrequatroparedes2017


[ Click HERE to the detail of the work ]

「BAUHAUS ESSENTIALS 2015」受賞

2015.7.12

インスタレーション作品「Piercing the Prison」が、バウハウス大学から「BAUHAUS ESSENTIALS 2015」を受賞しました。作品は同展覧会で再展示されます。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」出展

2014.7.1

六甲山の自然を感じながらピクニック気分で現代アート作品を楽しむ展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」に出展します。
http://www.rokkosan.com/art2014/

会期:2014 年 9 月 13 日(土)~ 11 月 24 日(月・祝) ※会期中無休
開催時間 : 10:00-17:00
※ただし会場により17時以降も鑑賞できる作品があります
会場 :
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲山ホテル、六甲ケーブル、天覧台、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
料金 :
有料会場をお得に巡ることができる鑑賞チケットが発売されます
【観賞チケット前売券】大人(中学生以上)1,550円、小人(4歳~小学生)780円
【観賞チケット当日券】大人1,850円、小人930円