Mochida Atsuko 持田敦子

「水戸の家」現地説明会

2017.9.16

現在使用されていない民家を芸術作品として再構築するアートプロジェクト「水戸の家」。作品となる民家で公開の説明会を開催します。プロジェクトを主宰する美術作家・持田敦子より、過去の実践の紹介、また本プロジェクトの概要をご説明します。終了後は質疑応答の時間も設けておりますので、ぜひ足をお運び下さい。なお、会場に駐車場はありません。お車でお越しの際は、近隣有料駐車場をご利用ください。

【水戸クリエイティヴウィーク2017​参画プログラム㉓】
美術作家・持田敦子 「水戸の家」現地説明会
日時:2017.9.18(月)・23(土)各16:00~18:00
場所:水戸市元山町2-1-29

※野外で行われる部分がありますので、雨天時は雨具等をご用意ください。また会場にトイレはありませんのでご了承ください。
※台風接近により、荒天の場合は中止となる可能性があります。最新情報はFacebookイベントページをご覧下さい。

ENTRE QUATRO PAREDES

14-16 July, 2017

concept illustration by Atsuko Mochida


ENTRE QUATRO PAREDES is a collaborative, guerilla performance in which walls transform themselves into rooms using the public spaces of Weimar, Germany.


[scheduled interventions]

Fri, 14 July, 14:00 - 16:00
Marienstraße 14, Bauhaus-Universität Weimar [main building], Wielandplatz, Universitätsbibliothek

Sat, 15 July, 17:30 - 19:30
Locations announced via social media

Find us on social media:
#entrequatroparedes2017


[about]

The living installation, ENTRE QUATRO PAREDES, plays with intimacy, boundaries and borders by transporting itself through the public sphere by means of performers in an interdepartmental student collaboration from Bauhaus-Universität Weimar.

Walls are no passive objects: as catalysts of change, walls actively reshape and restrict movement. Acting as barriers, they can divide communities and isolate individuals, while also visibly and literally connecting strangers in intimate settings and serendipitous encounters.

Simultaneously inclusive and excluding, occurring at a site and a “non-site,” entre quatro paredes transforms public spaces into immediate, private spaces within the context of four walls.


Created and performed by Kathryn Gohmert, Martina Jacobi, Atsuko Mochida and Malak Yacout Saleh.

ENTRE QUATRO PAREDES is part of summaery 2017 of Bauhaus-Universität Weimar, and is a satellite project of the mfa exhibition, WITHIN FOUR WALLS.

「BAUHAUS ESSENTIALS 2015」受賞

2015.7.12

インスタレーション作品「Piercing the Prison」が、バウハウス大学から「BAUHAUS ESSENTIALS 2015」を受賞しました。作品は同展覧会で再展示されます。

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」出展

2014.7.1

六甲山の自然を感じながらピクニック気分で現代アート作品を楽しむ展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2014」に出展します。
http://www.rokkosan.com/art2014/

会期:2014 年 9 月 13 日(土)~ 11 月 24 日(月・祝) ※会期中無休
開催時間 : 10:00-17:00
※ただし会場により17時以降も鑑賞できる作品があります
会場 :
六甲ガーデンテラス、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲山ホテル、六甲ケーブル、天覧台、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)
料金 :
有料会場をお得に巡ることができる鑑賞チケットが発売されます
【観賞チケット前売券】大人(中学生以上)1,550円、小人(4歳~小学生)780円
【観賞チケット当日券】大人1,850円、小人930円

「ATLAS 展 2014」参加

2014.5.31

東京藝術大学大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻、修士課程1年、博士課程2年の制作発表展として開催される「ATLAS 展 2014」に参加します。私は新作のインスタレーション作品を発表する予定です。

会期:2014 年 7 月 7 日(月) - 7 月 13 日(日) 11:00-17:00(会期中無休)
会場:東京藝術大学取手校地(〒302-0001 茨城県取手市小文間 5000)
関連イベント:
「先端フォーラム」
2014 年 7 月 7 日 16:30-18:00 東京藝術大学取手校地(ゲスト:三潴末雄氏)
「オープニングパーティー」
2014 年 7 月 7 日 18:00-20:00 東京藝術大学取手校地